RIEM logo

名古屋大学 動物実験支援センター

Center for Animal Research and Education (CARE)

施設外観

本施設では、東山動物実験施設の管理運営・全学動物実験委員会が行う教育訓練・東山地区各部局の動物実験計画等の審査及び飼養保管施設の査察等の業務を支援することで、本学における動物実験の適法性の確保や動物実験に関わる安全管理の推進を行っています。

学外の方で本施設の利用を希望される方は メールアドレス までお問い合わせ下さい。

Lecture of "Regulations on Animal Experiments in Nagoya University" in English is available on request. Please contact to the e-mail address above for the details.

◆ 新着情報 ◆

本年度より施設長として鬼頭教授が着任しました。また、組織図を更新しました。(2017/4/1)

2016年11月,12月開催の動物実験講習会のお知らせを掲載しました。(2016/10/18)

2016年7月開催の動物実験講習会のお知らせを掲載しました。(2016/6/2)

各種申請書を掲載しました。(2016/5/27)

センターの組織図を本年度のものに更新しました。(2016/5/27)

Webサイトをリニューアルしました。(2016/5/27)

胚操作技術支援について(2016/5/20)

料金表の内容を一部改訂しました

日本実験動物科学技術さっぽろ2014にて発表を行いました。(2016/5/20)

1. 東山動物実験施設の特徴と概要について
2. 実験動物Web管理システム(acms)の開発と運用について